TOP > iPhoneとオンラインストレージを連携させる

iPhoneとオンラインストレージを連携させる

カメラ機能が搭載されているiPhoneで写真撮影を行なったり、音楽を聴いたり、メールを作成して送受信したりというように、様々な作業を端末上で行う機会が多いです。

写真が端末のメモリに蓄積されていきますと、次第に空き容量が少なくなり、iPhoneの動作が緩慢になる事があります。

このような事を防ぐ為には、定期的に内蔵ストレージの中のファイルをバックアップさせておく事が必要でしょう。


バックアップ方法としては、NASを使ったり、オンラインストレージを使ったりというのが有効でしょう。

オンラインストレージの利点は、アカウントを取得しておけば、スマートフォンなどのモバイル端末からアクセスして、ファイルをローカルストレージのように扱える点です。

お客様に相応しいiPhone情報がさらにわかりやすくなりました。

iPhone向けの対応アプリが公開されていますので、このアプリを使う事でアプリを通して同期などが出来るようになります。

オンラインストレージは、サービスによって容量が異なっており、無料版の場合、数GBまで使えるケースが多いです。



有料版を利用する事で大容量のファイルを保存しておく事が出来ますので、ポータブルハードディスクのような感覚でiPhoneから使っていけば便利です。
iPhoneは、外出先で使うのに重宝する端末ですが、SDカードのような外部記憶装置を挿入するスロットを搭載していません。その為、外部記憶装置に接続するには、専用に開発されたストレージを使う事になりますが、価格が高めになっています。



そこで、オンラインストレージを使えば、安くバックアップを行えるのです。