TOP > iPhone向けアプリの作成

iPhone向けアプリの作成

iPhone向けのアプリは公開するならアップルデベロッパー登録が必要ですが、作ってみるだけなら無料で作ることができます。

iPhone向けのアプリの作成は主に2つの方法があり、1つはアップルの純正開発環境を利用すること、2つ目はサードパーティ製の開発環境を使います。アップルの純正開発環境はMacを買えば無料で利用することができます。

また、iPhoneだけではなく、Mac向けのアプリも作ることができるのが特徴です。

純正環境なのですべての機能が利用でき、また、速度面でももっとも早くできます。

そのため、IOSだけにアプリを出すなら使える環境となっています。

特にゲームなど、ハードを活かしたアプリの場合は純正環境を利用する方が多いです。

対してサードパーティ製の開発環境も盛んに利用されています。

iPhone7の情報が沢山詰まったサイトです。

サードパーティ製の開発環境はHTMLやJavascriptなど多彩なプログラム言語で開発できるのが特徴です。



純正環境ではObective-cyはSwiftを利用しなくてはなりませんが、普段使っているプログラム言語で開発できるとあって利用者が急増しています。また、iPhoneだけではなく、Android向けのアプリも同時に作成できるとあって利用者にとって魅力的な環境が用意されてきています。

開発環境は無料なものが多いですが、有料となっているケースも多く、サポートの有無など選択肢が広くなってきており、用途に合わせて利用可能です。