TOP > iPhoneを用途によって選ぶ

iPhoneを用途によって選ぶ

多くの人々に人気が高いスマートフォンであるiPhoneは、高性能なプロセッサと高精細な映像を映し出すディスプレイ、操作がしやすいインターフェースによって、モバイルコンピューティングがしやすくなっています。


iPhoneには、様々なモデルが存在しており、最新シリーズの「6」では、ディスプレイの大きさによって、無印やPlusといった物があります。

通常モデルのiPhone6は、ディスプレイが4.7インチとなっており、出来るだけコンパクトなサイズの物が良いという人に人気があります。

一方で、5.5インチのディスプレイを搭載しているiPhone6Plusは、ファブレットのような使い方が出来るスマートフォンに仕上がっています。

Softbankの特別な情報を載せています。

基本的なアーキテクチャーは無印と同様ですが、バッテリー容量が増えていますので、より長時間端末を稼働させる事が可能です。



どちらのモデルを購入するかは、ユーザーの用途によって変わってきます。純粋に携帯電話として使いたいのであれば、4.7インチモデルの方が適しています。



動画やゲームなどのコンテンツを楽しむ機会が多いのであれば、大型ディスプレイを搭載しているPlusの方が利便性が高いです。

注意するべき事は、従来のモデルよりも薄くなっていますので、取り扱いに気をつける必要があり、無理な力を加えると折れ曲がる可能性があります。

アプリに関しては、どちらのモデルでも使えるようになっています。